2010年08月31日

自己紹介と評価基準

実際に私が購入して使用した、情報教材&情報商材を独断と偏見で評価してます。


評価段階はダメ情報、まあまあ情報、オススメ情報、イチオシ情報の4段階


評価基準

1. 実際にそのノウハウ通りに実践することができるかどうか
理想論ばかりで実際やってみると不可能なノウハウは購入者にとって意味が無いから減点。実際その通りにやってみて、3ヶ月以内に月額20万円を超えたかどうかがポイントになってます。

2. HPのタイトル&説明が誇大でないか
セールスレターで魅了するのは販売者にとって確かに重要です。でもあまりに教材や商材の内容とかけ離れたものはダメに決まってますよね。実際に購入し使ったから評価ができます。

3. 値段に見合った利益もしくは時間の短縮が可能か
情報販売の基本概念(書店で手に入る情報を高額で販売している)などは減点対象。


以上、三点に基づき評価していきます。
posted by 情報教材&情報商材判定人 at 10:59| Comment(0) | 自己紹介と評価基準 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。