2010年11月13日

中古ドメインの無料配布!?その2

来ました来ました。


アフィリエイトツール開発チーム478の田中さんからのメール。


今回もオールドドメインがギッシリ入った添付ファイルが
くっついてました。


調べてみると、年代物(これが必ずしも効果を発揮するかどうかは
わかりませんが)もあります。


実際の検証はいくつか(10〜20くらい)取得して、サイトを作って
3ヶ月から6ヶ月様子を見ることになるでしょう。


今のところ100くらい調べましたが5年以上経過しているものが
30ほどあってブラックリストに載っているものはありませんでした。


ちなみに僕はドメインエイジ(年代)は一応調べます。
ツールというかサイトはこれです。
http://www.123server.jp/seo2/get_archive_org.php

ブラックリストにあるかどうかはこれでチェックします。
http://www.rbl.jp/checkuri.php

posted by 情報教材&情報商材判定人 at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オールド(中古)ドメイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

中古ドメインの無料配布!?

知ってる人は知ってるでしょうが、こんなページを見つけました。

http://odm.jidotool.com/free/

でもって登録したら(ちなみにgmail)こんなメールが来ました。


■■■文面ここから■■■


アフィリエイトツール開発チーム478の田中でございます。
この度は、「期限切れドメイン配布サービス」に
お申し込み頂き誠に有難うございます。



下記はサンプルファイルとなります。
毎週不定期ですが、メールマガジンにて配布を行います。

また、中古ドメインに関する調査や有益な情報
有益なサイトの紹介、有益なツールの紹介などを行っていきます。


無料で配布するリストは、期限切れのドメインのリストになります
ドメインの取得や履歴などの保証、調査は対象外となりますので
ご了承ください。

■■■文面ここまで■■■


ちなみにチーム478は大黒さん(黒竜閃)ともつながり
があるようです。


でもってzipファイルが貼付されてたんで
解凍してみたらサンプルドメインが2000個以上
並んでました。


確認したら確かに取得可能なオールドドメインがほとんど。


なにやら今後メルマガが届くみたいなのでもうちょっと
検証してみます。



posted by 情報教材&情報商材判定人 at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オールド(中古)ドメイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

中古ドメイン



中古ドメインの威力を一度実感したことがある人はその威力に驚きます。


まあドメインに関してはいろんな考え方があるんですが、僕はLFM-TVで推奨している中古ドメインを使う方が「今は効果的」だと考えています。


中古ドメイン販売サイトで買うのも1つの方法ですが、はっきり言って高すぎます


加えて、中古ドメインとて万能ではないので、中には「スカ」、要するに一向に順位があがってこないこともたまにあります。(それでもそのドメインに利用価値はあるのですが)


なので、僕は中古ドメイン販売サイトでは購入したことがありません。


先日もHTMLライターというLFMで配布しているツールでサイトを作り、中古ドメインを使ってアップしたら1週間でGoogleで26位に入り(この早さは今のところ最速)驚きました。


中古ドメインの威力を改めて実感。


LFM流中古ドメインの探し方は割と簡単で、誰にでもすぐ出来ます。


僕はツールも利用してて「ラビエル」というソフトを使ってますが、残念なことに今は販売してません。(後日再販売しそうですが・・)


現在はLFMで実演してくれている方法とラビエルの併用です。


LFM流は最初は時間がかかるのですが、一度コツを掴むと後は楽になりますし、何と言っても見つけた時の嬉しさが違います。


もし、「どーしても手間をかけず楽に見つけたい」というのなら下記のツールが今はオススメです。


石田健プロデュース 中古ドメイン被リンク調査ツール 「ダヴィンチ」


個人的には余計な作業も入っている気がしますが、今はこれが1番いいようです。


最後に、


「期限切れドメイン,中古ドメイン,古いドメインを無料で何個でも取得」という方法が販売されてますが、あり得ません。


ドメインを探すのは無料でもできますが、取得は有料に決まってます。上記の教材もQ&Aの部分に「代行業者から取得する」と書いてありますから。


教材名に偽りありの典型例です。こーゆーものは購入してはいけません










posted by 情報教材&情報商材判定人 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | オールド(中古)ドメイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。